お問い合わせはお気軽にどうぞ!

お問い合わせ

魔の2歳児に与えたいもの・・・気分を切り替えれる〇〇かな♪

イヤイヤ期始まりましたーーーーーーーー!!!!

結構、本格始動??

昨晩は寝不足です(泣)

魔の2歳児:第一次反抗期

自我のが芽生え始め、子どもなりに伝えたいこともあるのでしょうが、「魔の2歳児」と呼ばれる時期は、まだうまく話せないので簡単な「イヤ」という言葉で大人に気持ちを伝えてきます。

言っていることは、十分にわかります・・・・が、こちらにも、『成長の証のサイン』だね〜、脳が頑張っているよーーーーーと、自分自身に言い聞かせています。
しかし、余裕な気持ちが薄く、私も主人もただいま繁忙期。。。

理解してーーーー!!そして、寝不足ですよ・・・。。。と大人気なく思うこの頃です。

与えたいもの『音育』

そんな、成長の幅の大きな時期に、主人と相談して、考えた今年のお誕生日プレゼントが、『音育』です。

また、音育を何にするのかは、具体的には決まっていませんが、家の中にあるピアノやカスタネットを、最近は、3日に1回鳴らしたがります。

タンバリンやマラカスでもいいかなと思いつつ、イヤイヤポーンって投げて、凶器になったら怖いし・・・・。

女姉妹で育った私には、男の子のその辺りの加減がまだ予測不可能すぎる(笑)

そこで、息子を観察。
イヤイヤが始まると、他のものに意識を向けさせ、気分を転換させるのが良いそうです。我が家では気分の切り替えに『音』が一番早く反応したように感じました。

そのため、今回の『音育』をチョイス。

妊娠中もコンサートやフラを見に言った時は胎動が激しく、10ヶ月の時にニューイヤーコンサートを大人しく観る!という、根っからの音楽好き男子??

・音楽教室クラス
・個人でされているリトミック教室

疲れさせて、ぐっすり眠って作戦(笑)

のどちらかを、させてみようかな??と考えています。

オススメあったら、教えてください♪

 

また、他の方法でイヤイヤ期を乗り越える方法があったら、教えていただきたいです♪

 

みつだますみ

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

お家で出来るモンテッソーリ オウチモンテ 【絵本】

#STAY HOME ■美術的感覚を養う 絵の発達段階とは?

環境の変化によるストレス

京都に行ってきました② とがのえみ先生に初対面

子育てコミュニケーション心理学【本講座】

やわらかな脳

PAGE TOP